有言実行…ロケーションリサーチ



マチクリPJの中で毎度毎度

口を酸っぱくして言ってる…

「ロケーションリサーチ」の重要性。


今朝は世界一と名高い富山カナルパークにある

スタバまで定宿から歩いて行ってドーナツと

ブレンドコーヒーを朝ご飯にしてみました。


車でブーンと過ぎてしまうような

道中の何気ない風景や人の往来すらも、

歩いてみると色んな気付きを得られます。


ロケーションセールスの基本は【歩く】こと!

たったこれだけ!


実際にやった人と、

そうでない人の差は歴然!


どれだけ意識を変えたとしても、

行動を変えなければ何も始まらない。


昨日も「まちづくり」に大事な事を、

実際に実践され続けて来た経営者の方と、

お話する機会が出来てとても嬉しかったですね。


マチクリとして伝えていかねばならぬこと…

実際に行動を起こさなければならぬこと…

まだまだ使命を果たす為に頑張って生きます!

偶然?必然?



つい先日の事ですが…

北陸新幹線に乗って情報誌を見たら、

岩手盛岡の「南昌荘」の記事がありました。


ちょうど盛岡にいるマチクリデザイナーさんと

打合せ予定が決まっていたので盛岡行ったついでに、

南昌荘に行ってみよー!となりました。


ちょうど紅葉が始まったタイミングでもあり、

11/4まで16:30からライトアップでキレイ!と、

地元新聞にも出ていた事を教えてもらい、

打合せが終わって15時過ぎに現地に行ってみました。


結婚式の前撮りのようなカップルが3組…

レポーターらしい女子が一人リハーサルしてて、

ちょうど良いシーズンに来たなぁーと感じてました。


すると…その女性レポーターさんが、

「茶室もちょうど今開いてて覗けますよ」…と、

お声がけしてくれて「地元の方ですか?」とも聞かれました。


「コチラは盛岡で仕事されてて私は千葉から来ました」

すると女性が「私も千葉出身です。印西の生まれで」…と。


駐車場にテレビ岩手の車が止まっていたので、

ホテルに入ってから調べてみると…TVアナウンサーの方でした。


印西はマチクリとしても故郷に錦を飾るプロジェクトで、

2012年から大変お世話になっている場所でもあり、

何だか不思議なご縁を感じて止まなかった盛岡でした。


【エナジーの受粉活動】

私がマチクリPJで全国行脚している裏で、

そんなミッションもあって動かされている日々…。


きっとどこかでこの出会いの理由も

分かる日が来るであろう事を楽しみにしながら、

使命を果たす為に頑張って生きたい…

そう思う今日この頃です。

平成の終わり、40代最期の1年…



今回の地球旅行にやって来て、

昨日で49回目を迎える事が出来ました。


旅の始まりを機会を作ってくれた両親や、

様々な感動や経験を積ませてくれた家族、

そして関わって下さった多くの方々に、

感謝の気持ちでいっぱいです。


千葉県夷隅郡岬町椎木にある玉前神社の

産土の神さまに導かれて始まった旅…


あれからこの世の真実を求めて、

日本全国47都道府県を行脚して、

真実に触れると共に今度は自分が、

出会った方々に真理を説いて歩くという、

何とも有難い使命を頂いています(^^♪


そしてこの橋…

全国行脚の大先輩=伊能忠敬先生が、

九州を測量する際に起点とした…

江戸で言えば日本橋みたいな感じの

「常盤橋」…ここから九州五道が始まっている

そんな事が祈念碑の解説に有りました。


震災直後まで住んでいた江東区木場から

ほど近い門前仲町の富岡八幡宮にも記念碑があり、

今回訪れた北九州小倉にもあって、

これから伊能先生の記念碑をコレクトしよー!

…そんな事も思ったりしてました。


平成の終わり…

40代最期の一年…

始まりがあるから終わりがある…

終着駅は始発駅…


使命を果たし続ける為に、

御身大切頑張って生きたいと思います。

街づくりはコミュニティーづくり…



私の住むマンションでも、

今年もトリックオアトリートを

無事に終える事が出来ました。


回を重ねる毎に子ども達の衣装も、

レベルアップしていると共に、

ご家族の交流が深まっているなぁー

…そんな事をしみじみ感じていました。


【その場所に住まう人々が
 自分の街に誇りを持てる街づくり・
 コミュニティーづくりをクリエイト
 (創造)して生きたい】


マチクリの本業だけでなく

自分自身も実践=有言実行!


実際のマチクリ支援の現場では、

本当の顧客視点が欠如している事が多く、

『早期集客・早期完売』とか言った、

売り手目線の残念な状況も多々あります。


どんなに営業手法を身に付けても、

どんなに販促広告費にお金を掛けても、

根本の思想が【お客さまのしあわせ】に

向いていなければお客さまは共感してくれない

=つまり買って頂けない…そう強く思います。


創り手としての志・ホンキで取り組んだモノは

必ずやお客さまに伝わる…そう信じています。


これまで世の中の真実を求めて

旅をして来たマチクリですが、

【志・ホンキ】を世の中に広めるべく、

これからは更に暗躍して生きたい…

そんな事を思う今日この頃です。

お客さまが来なくて…



分譲地販促支援をしていますと、

よくこうした声が現場から上がります。


お客さまが現地に来てから、

ちゃんと接客出来る体制が

出来ていなかったらマチクリでは、

ほとんど集客だけに絞った支援はしません。


以前に「新規のお客さんが来てくれたら、

契約を上げる事が出来るんですが…と言われ、

お客さまがあまり動かない時期でもありましたが、

4月の末から7月末までに集客支援をしました。


総来場は200組以上土地から探している新規客も50組ほど、

集客する事が出来ました。


契約結果は…2組

総来場比では僅か1%


新規のお客さまが来場すれば、

契約は出来ると言ってたはずが、

残念な結果となってしまいました。


その理由をメンバーに聞いてみると…

「現地検討客が少なかった」から…と。



別なプロジェクトの話になりますが…

約1年間の分譲販促支援を実施して、

建売1棟を残して土地在庫がなくなり、

新たな分譲地展開に拍車がかかっている

プロジェクトでは当該ブロックにて、

女性営業No.1の実績を残された方がいらっしゃいます。


この方は土地無しのお客さまがいらしたら、

まず販売強化している分譲地を必ず案内していた。


初回接客ではいきなり分譲地の売込みをするのではなく、

土地の見方・分譲地の選び方の視点をお客さまに与え、

その上で次回一緒に見に行ってみましょう…と。



マチクリプロジェクトの中で繰り返し話してますが、

★その場所に住んでも良い!と気持ちが高まなければ、

どれだけ建物や値引きの話をした所でお客さまは

その分譲地を買って下さらない!…建物は気に入りました、

じゃあ他の場所で土地探しから始めたいと思います…。


★お客さまに買う理由を与える

★売り手が志を持ってホンキで取り組んだモノ・コトは
 必ずやお客さまに伝わり納得&共感して下さる

…この準備をどれだけ真剣に出来るか!?

こうした準備があって初めて集客施策に

取り掛かる事が大事であると思います。

我が最高学府…



2年ぶりに箱根駅伝出場を復活させた

我が最高学府「明治大学」…平成最期の

箱根駅伝を応援に行きたいと思います。


そしてたまたまメルマガを整理してたら、

面白い特集が組まれていました。


思い起こせば1988年のお正月…


大雪の翌日の国立競技場で行われていた

「明治対早稲田」のラグビーの試合を

テレビていた時…


スクラムを組んだ両校の選手から、

立ち昇る湯気を見て感動し、

「絶対!明治に行きたい!!」と思い、

現役では叶いませんでしたが、

一浪して商学部に入学する事が出来ました。


私の場合は…

「何となく明治」と言うよりも、

「是が非でも明治!」という強い信念と

大学行ってラグビーの応援をしたい!

…そんな強い想いがあった事を思い出します。


日本の国力を下げるような、

おかしな入試制度改悪が続いてる昨今…

若者たちが明るい未来を描ける日本にしたい!

…そんな強い信念を抱きながら、

使命を果たして生きたいと思う今日この頃です。

意識が先か?行動が先か?



マチクリミーティングにおいて、

数字に基づいた営業改善活動=

PDCAをよく行います。


チームディスカッションの様子を見ていると…

日頃から良く考えているか?

日頃からコミュニケーションをしているか?

…など改善マインドがよく分かります。


改善ミーティングを研修と捉えている場合…

「●●に気をつけます」

「●●を意識します」

…という言葉が出て来ます。


こうした言葉のほとんどのケースは、

次のミーティングでチェックしてみると、

「やってません・出来てません・使ってません」

…こうした言葉のオンパレードです。


意識をする事も大事なのですが…

【行動を起こして意識して改善する】

…この姿勢と実践が大事だと思います。


果報は寝て待つにも、

努力・死力を尽くして、

天命を待つ事が正解だと思います。


王監督のお言葉…

『努力は必ず報われる。
 もし報われない努力があるのならば、
 それはまだ努力と呼べない。』

どんな業種でも…

お客さまにとって大事なもの…それは何か!!??



マイカー=プリウスの点検で、

ディーラーさんに来ていました。


2歳くらいの子連れの家族が居て、

男の子が何やら騒ぎ出して泣きわめき、

耐えかねたご夫婦がお店を出て行ってしまいました。


メガネをかけ直して男の子が居た場所を見たら…


トヨタのミニカーが展示してあり、

それで遊ぼうとしていたのを母親に、

ダメ!と言われてた事が原因のようでした。


店内を見回してみましたが…

キッズスペースが見当たらず、

お子さんが遊べる場所がありませんでした。


住宅の商談の場面も同じですが、

ご夫婦がゆっくりと商談出来るように、

キッズスペースはマストであって、

マチクリプロジェクトの現場でも、
常々クチ酸っぱく言ってます。


お客さまご家族の視点で考える…

そうすると改善点が色々と見えて来る…

世の中には気付きだらけで楽しいですね。


そんな私は男の子の泣き声を

微笑ましく聞いていたのですが、

耳についてイヤで仕方なかったのは、

イノシシみたいに鼻をブーブーを慣らす、

ホントにイノシシみたいな体つきの

オッサンだった事は言うまでもありません!!??

台風の爪痕…



寝ている間に通り過ぎた台風24号でしたが、

我が家のゴミ箱のフタを何処かに飛ばして、

マンションのフェンスも吹き飛ばしてたようでした。


今回も亡くなられた方や被害に合われた方もいらっしゃり、

北の大地ではまた震度4の地震が昨日も起きたり、

東日本大震災を彷彿とさせるインドネシアの津波があったりと、

新たな次元に向かう前の【カオス】を感じてる今日この頃です。


日頃より…防災意識を高めて、

「大難が小難になりました、有難うございます!」と

唱えながら用心して生きていきたいと思います。

キキダスマーケティング



昨今のコンビニに行ってみると、

商品パッケージの変化にお気づきだろうか…


まるでキウイを冷凍したような食感のアイスバー
生姜香るさばほぐしごはん
そのまま飲める炭酸水


「ホンモノっぽいけど…なんか違う」
シロウトっぽい人が言う
どこにも書いていないひと言!が大事

中山マコトさんが提唱されている

【キキダスマーケティング】の基本を

コンビニの商品名から感じ取れる事が出来ます。


そしてこの数日の間に、

マチクリビジネスにおいても、

このキキダスマーケティングが活かされて、

新たな販促アイディアが生まれました!

(それをウニウニ考えてたら知恵熱?でましたが…)


自分で「ひねり出す!」のではいずれ限界が来ます。

どうすればその恐怖から逃れる事が出来るのか?

身近な所にそのヒントはあるのです。

それは…企画のヒントは

【自分の外】にある…という事だと思います。


新たな事に気付く

新たな事を考える

それを試してみる


【この道をゆけばどうなるものか 危ぶむなかれ
 危ぶめば道はなし 踏み出せばその一足が道となり
 その一足が道となる 迷わず行けよ 行けば分かるさ】


今回の人生は1回限り…

せっかく生まれて来たんですから、

色々と試して感動と経験を積んで、

アチラに還る時に「楽しい人生だったな」

…そう思える人生を送りたい!
 と思う今日この頃です。

| 1/7PAGES | >>

マチクリ

ひとこと

「環境・健康・街づくり」に携わりながら日本を元気に!街や暮らしを元気!にして行くマチクリ・・・。
仕事を楽しみながら自分も磨いて生きたい・・・そんな毎日の出来事・気付きを書き溜めていきます♪

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

オススメ

リンク

search this site.

過去の記事

others

mobile

qrcode