宅建はリトマス試験紙



昨日は宅建試験の合格発表でした。


今年は「37点」が足切りラインという事で、

来年は問題も難しくなって合格ラインが、

グッと引き下がる事になると思います。


私は24才の時に独学(通信教育)で資格取得しました。


この時は実家のガスと水道の設備業を手伝ってて、

直ちに必要ではなかったのですが、将来的に

住宅不動産業に携わりたいなぁーと思って、

先を見越して取りあえず受験しておこう!という感じでした。


試験までの3か月間…

朝7:45には出社して真夏のさなかに、

プロパンガスを配達したり工事現場で汗を流し、

19時に帰宅してから毎日宅建の勉強をして…

若いから体力もあったし出来たかな、と思います。


宅建は実務に関わると合格が難しい…

だから業界知識の無い(浅い)若いうちに、

受験しておいた方が良い…というのが通説でした。


しかし…


ここ数年のご支援先での宅建の合否状況を見てますと、

5点免除を受けててもとても合格率15%に達していない!

…という様子をアチコチで目撃しています。


その分お客さまに恵まれて沢山契約を挙げて、

忙しい日々が続いているのか!?と言えばそうでもない。


十分に勉強する時間も余裕もあるハズなのですが、

高校卒業レベルが受験資格な宅建試験なのに…。


宅建試験…

これは正に「人生のリトマス試験紙」…だと思っています。


自分の時間の使い方

自分の人生の未来設計

お客さまに対する自身の立場


…こうした事を真剣に考えて、

自分自身と向き合っている人が、

「だから今、何をしなければならないか?」

という課題意識をもって行動出来るのだと思います。


たまたま受かった・たまたま点数が足りなかった…

人生に偶然は無い!全てが必然であり、

「今」は過去の「結果」であり、

「未来」は「今」の結果でもある訳です。


人のふり見て我がふり直せ…

毎年気付きを与えてくれる

リトマス試験紙に感謝するばかりです。


マチクリ

ひとこと

「環境・健康・街づくり」に携わりながら日本を元気に!街や暮らしを元気!にして行くマチクリ・・・。
仕事を楽しみながら自分も磨いて生きたい・・・そんな毎日の出来事・気付きを書き溜めていきます♪

プロフィール

最近の記事

カテゴリー

オススメ

リンク

search this site.

過去の記事

others

mobile

qrcode